バカラのルール

バカラはオンラインカジノの一種ですが、アジア圏で人気があり、カジノの王様とも言われているほど海外では有名なゲームです。

遊んでみたいと思っているときは、頭の中に入れておきたいカジノゲームのルールがいくつかあるので利用を開始する前に把握しておくと良いです。

ルールをしっかりと理解しておくことで、いざゲームを始めたときに焦らずに落ち着いた気持ちで挑むことができます。

バカラはゲームの進行を担当する役割を担っているディーラーと呼ばれる人物によって、バンカーとプレイヤーにカードをそれぞれに2枚ずつ配られていきます。

最大で3枚のカードの数を合わせた合計で勝敗が決まり、下1桁にあたる部分の数値が大きくなったほうが勝ちです。最も強い数字は9であり、最も弱い数字は0となります。

配布された2枚のカードに書かれている数字が7と9の場合、それを合わせた数値は16になり下1桁は6です。対戦相手のバンカーも同じようにして2枚のカードを受け取り、その合計した数値の下1桁の数によって勝ち負けが決定されます。

ゲームの種類によって配られる枚数は異なり、2枚のパターンや3枚のパターンなど様々です。

勝つという予想が当たれば配当としてお金をもらうことができ、外れてしまえば回収されてしまいます。

引き分けを意味するタイの場合は、かけ金のみが払い戻しの対象です。バカラはタイになった場合にかけ金を失うということがないため、比較的気軽に楽しむことができるでしょう。

基本的にバカラはバンカーとプレイヤーの勝ち負けを予想するゲームです。

通常は勝利すると予想されるほうにベットをするという単純な内容となっています。

しかし実際には奥が深く、ゲームの流れをしっかりとよんで考えながら行うことでよりいっそう楽しみながら進めていくことが可能です。2枚目のカードが配られたときに緊張感が伝わってきますが、3枚目のカードの中身によっては逆転する可能性もあります。

途中まで優勢であったとしても最後のカードによりその状況が覆されてしまう場合もあるため、ゲームが終わるまで油断は禁物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です