ブラックジャックのルール

ブラックジャックはオンラインカジノの中でも人気のあるゲームです。

特に日本でもポピュラーなカードゲームの為、日本人プレイヤーの利用率も高いです。

挑戦してみたいと思っている場合は、カジノゲームのルールをしっかりと理解した上で遊んでみると良いでしょう。

ブラックジャックは、配られたカードの数値の合計をできるだけ21に近づけるというものです。

さらに「21」を超えないように気をつけるということが重要になっていきます。「21」を超えてしまうと無条件で負けが確定してしまうので注意が必要です。

この数値を越えなければ、自分の好きなだけカードを引いていくことができます。理論上引くことのできるカードの枚数は11枚までです。

合計した数値が「17」よりも上になる前までは、ディーラーの意思とは関係なく強制的にカードを引いていくことになります。

ルール自体は単純となっていますが、実際にはディーラーとの心理的なやり取りをしながら進めていかなければならず大変です。

さらにカードがどのような出現の仕方をしているのかなどといったような場の流れを正確によんで、しっかりと頭の中で思い浮かべながら挑んでいくことになります。

ブラックジャックにおけるカードの数え方には、いくつか覚えておきたいことがあるのできちんと把握しておくことで円滑に勝負を進めていくことができます。

「A」は「1」または「11」であり、「2」から「10」まではそのままの数値です。

「J」・「Q」・「K」の絵柄の場合は、「10」とみなして数えていきます。

ブラックジャックで押さえておきたい用語の一つに、”インシュランス”と呼ばれるものがあります。

“インシュランス”はディーラーによる表向きにされたカードが「A」になった場合に、「A」と「10」の組み合わせが成立すればブラックジャックになるというものです。

このような内容になったときはベットした金額の半分にあたる金額をさらにベットして、ディーラーがブラックジャックになったときにベットした金額の2倍にあたる額を配当として受け取ることができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です