ルーレットのルール

ボールが指し示す番号を当てるルーレットは、オンラインカジノの王道的なゲームで、昔から愛され続けているゲームの1つです。

テーブルに書かれている数字にチップをベットして、結果が当たればリターンが発生する簡単なルールですが、より詳しくルールを知ることで奥深さが味わえます。

ルーレットにおけるカジノゲームのルールでは、手元にチップを用意して、ゲームが始まったらテーブル上の賭けたい数字に置きます。

1や5と1つの番号にだけベットすることも可能ですし、13から24、25から36のように12の数字ずつ賭けることもできます。

また、1から18と19から36の範囲や、偶数と奇数でそれぞれベット可能なのも、ルーレットならではのカジノゲームのルールです。

直感を信じてオンラインカジノを楽しむ人には、色分けされている赤と黒でベットするのも、楽しめる遊び方となるでしょう。

ディーラーがノーモアベットの宣言をするまで、プレイヤーは好きなところに好きなだけチップを置けます。

次に、ディーラーは円盤を回してボールを投げ込むので、ボールがポケットに落ちて結果が出るのを待ちます。

賭けた数字が見事にあたったら、倍率に応じたチップが払い戻されますから、これを受け取って1ゲームの終了です。

結果が外れればチップは没収されますし、勝っても負けても手元に資金があれば、自由にルーレットの続行が決められます。

1つの数字に賭ける方法をインサイドベットと言い、1点賭けをストレートアップやシングルナンバーと呼びます。

シンプルながらも36倍の配当が得られるので、結果に自信があって大当たりを狙うならここです。

隣接する2つの数字の間にチップを置くやり方は、スプリットベットと呼ばれる2点賭けです。

配当は半分の18倍に減少するものの、勝率はアップするので、覚えておいて損はないでしょう。

縦列の下にチップを置くと、3点賭けのストリートベットとなります。

他にも、4つの数字の中心に置くコーナーや、6つの数字の下に置くダブルストリートベットに、0を含む1から3までのフォーナンバーといった賭け方もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です