HOME

オンラインカジノって何?

オンラインカジノとはインターネットを通して行われているカジノゲームです。

日本には数々のギャンブルがありますが、どんどん利用者が離れていますよね。

逆に利用者が今どんどん増えてきているのがオンラインカジノです。

海外にあるカジノと同じように実際にお金を使って勝負することができるのが、日本のゲームセンターにあるメダルコーナーのゲームとの大きな違いです。

スロットやルーレットなどの定番ゲームはもちろん、ライブカジノと言ってライブ対戦ができるものもあって、ゲームで勝つことができれば配当をもらうことができ、本場を超える臨場感で楽しめるまで進化したのがオンラインカジノです。

オンラインカジノの最大の魅力は、24時間いつでも好きな時にプレイすることができる所です。

自宅のパソコンやスマートフォン、タブレットを通じて本場のカジノを体験できるのは、オンラインのカジノゲームだけです。

出入金の早さと手軽さから日本人のプレイヤーは増えてきています。

誰でも簡単に始めやすいように、オンラインカジノは全て無料でダウンロードとプレイできます。

実際にお金をかけてプレーする前に無料で試してみてオンラインカジノがどういうものなのかを、把握することができます。

実際にお金をかけてプレーしたことがない人にも、楽しめることから人気が出てきています。

日本は原則として賭博行為が禁止されているため、オンラインカジノの経営者は海外で運営されています。

運営は海外のものになりますが、日本語対応のオンラインカジノも増えてきており、日本人でも日本語で参加することが可能です。

オンラインカジノを始めるには?

インターネットが利用できる環境さえ整っていれば、気軽にカジノに参加できるということから近年日本でも、オンラインカジノを楽しむ人が増えている理由です。

始めるにはまず、数あるオンラインカジノのサイトから信頼できるところを選ぶことから始めなくてはなりません。

しっかりとオンラインカジノを運営をするのに必要なライセンスを取得しているかを見たり、無料で利用できるところを試したり、口コミサイトなどを比較してから選びましょう。

とはいえオンラインカジノサイトはライセンス取得制度のため悪徳業者の数が非常に少ないですしライセンスを取得しているかどうかで判断できるのでそこまで神経質にならなくても問題ありません。

18歳未満は利用できないという点や、オンラインカジノに入金するためのクレジットカード、登録時に必要となる身分証明書など注意点や必要なものも準備し揃えておくとスムーズに利用し始めることができます。

入金する際に決済代行サービスを利用して送金をする必要があるため、オンラインカジノのアカウントの他にも決済代行サービスのアカウントの登録が必要です。

ですが、決済代行サービスは入金に使うだけではなく、最初は主に出金に使うことになるのでオンラインカジノをプレイした後から登録しても問題はなく、事前に必ず登録しておかなくてはならないというわけではありません。

メールアドレスとクレジットカードと電話番号と身分証明があれば簡単に始めることができます。

利用するサイトの登録や利用方法はサイトごとの画面を見て進めていくようにしておきましょう。

オンラインカジノを利用するメリット

オンラインカジノを利用するメリットとして挙げられるのが、先ほども述べたようにいつでもどこでも気軽に利用できるということです。

店舗型のカジノと言うのは、決められた国の決められた場所にしかなく、日本ではまだ認可が下りていないためそこに行くことだけでもお金がかかります。

さらに、ドレスコードがあったり多くの人がいて気疲れしてしまったりと、人によってはゲームに集中できない環境である場合も多いです。

オンラインカジノは、基本的にインターネット環境があればどこでもプレイすることができ、実際のカジノと同じように本格的なゲームを遊ぶことができます。

自宅で普段着でも利用できますし、朝でも昼でも晩でもサービスを提供しているためちょっとした外出先でもプレイすることが可能です。

多くの人にとってはこれまで遠くの世界だったカジノでのプレイを、とても身近なものに変えたオンラインカジノは、手に汗握る勝負に興奮したいという人や、一攫千金を狙いたい人、カジノでのプレイに憧れていた人など、様々な人たちにとって利用するメリットがあるサービスです。

利用するメリットがある一方で、のめりこみすぎてしまったり時間を忘れて熱中してしまったりすることもあるので、節度を持って楽しむことは重要です。

そしてやはり最も利用するメリットとしてあげたいのが還元率(ペイアウト率)が全然日本のギャンブルとは違うということです。

オンラインカジノのペイアウト率

どんなギャンブルが勝ちやすいのか?って気になりますよね。

その指標となるのがペイアウト率と言われており、勝ちやすさ≒ペイアウト率(還元率)と言われています。

基本的に胴元側が儲けるためには、控除額が一定値でなければ運営が成り立ちません。そのためどんなギャンブルもある程度運営側の取り分というものがあります。

ただし、オンラインカジノの場合は、パチンコや本場のカジノなどと違って維持費や初期費用が圧倒的に安くなっています。

維持費や初期費用が高くなれば当然、プレイヤーには還元されずに運営側が収益として持っていきます。

そのため日本のパチンコや本場のカジノを利用するよりもコストがかからないオンラインカジノはその分を還元することが出来ます。

他のギャンブルと比べるとペイアウト率が圧倒的にオンラインカジノは高くオンラインカジノのペイアウト率はサイトによって変わっていますが、大体90%~93%と言われています。

日本のギャンブルで一番高いのがパチンコの80%~85%と言われています。

また、最近のオンラインカジノサイトの多くは、キャンペーンや新規登録時のボーナスコインが付与されるなど、特典が豊富です。

単純にペイアウト率の高さだけでなくてボーナスなども総合的に考えるオンラインカジノを利用したほうが良いのは一目瞭然でしょう。

この還元率の高さがオンラインカジノを利用する最大のメリット言えます。

オンラインカジノは違法なの?

オンラインカジノの違法性については正直グレーゾーンと言われています。

というのも賭博行為は日本では違法に該当するのですが、オンラインカジノの場合は海外の法律が適用されています。

海外のカジノ場でギャンブルをしても罪はないのと同じであるため合法だと言ってしまえば合法ですし、さらにオンラインカジノ自体を取り締まる法律もありません。

更にはカジノそのものがリゾート地では合法化されたという事がありますから、ますますオンラインカジノの違法性を問う事が難しいでしょう。

ある場所では良いけれどもある場所では駄目という事になれば、今度は場所での特定も考えなければならないという事にもなるからです。

社会的な通念上も変わるでしょうから、ますます違法性を問うという事は難しくなると考えられます。

ゲームをする事自体が違法という事では無く、賭博というお金を賭けて行う行為が問題になるので、プレーをしている画面をいくら見ても、それだけで違法性の証明にならないというわけです。

賭博行為だと証明するにはお金が動くところを証拠として掴むことが必要になりますが、それがオンラインカジノの場合はデジタルデータでの信号のやり取りというだけの事なので目では確認することも出来ません。

唯一運営側が全てのデータを公開した時にこれを立証することが出来るのですが、それも専門家が見なければ分からないので、現実的にはこれを立証することは不可能に近いのでグレーという訳です。

また、過去にプレイヤーが逮捕されたケースがありますが、逮捕されたことに不服を唱えたプレイヤーが裁判で争う姿勢を見せたところすぐに起訴を取りさげて不起訴(無罪)としました。

無罪と一度でも判断されたものはやはり、法律が変わらない限り難しいですよね。

現実的にグレーゾーンと言われていますが、かなり白に近いグレーという表現がしっくりきます。

eCOGRAの役割

COGRA(イーコグラ)は、オンラインカジノを監視する目的で発足された第三者機関です。

プレイヤーが安心してカジノを楽しめるように第三者として公平中立な立場から、オンラインカジノやそれに携わるソフトウェア会社を監視する組織です。

ソフトウェア会社が、責任のある運営を行っているかをチェックしています。

オンラインカジノにおいては、ソフトウェアの公平性が保たれているかが常に問われます。

eCOGRAが設立される前は、オンラインカジノとプレイヤーとの間に支払いがされないなどのトラブルがあったとしても、プレイヤーが自力でトラブルを解決できない事態が生じていました。

そのような経緯がありeCOGRAという第三者機関が設立されました。

マネーロンダリングは行われていないかを確かめるのもeCOGRAの役目のひとつです。

一時的にeCOGRAの厳しい審査をクリアできたオンラインカジノであったとしても、その後も監視は続きます。

eCOGRAはオンラインカジノの公平さを監視する役割だけではなく、企業とプレイヤーの間で起こるトラブルについても仲介してくれます。

eCOGRAは多くの国のオンランカジノを管轄しており企業に不正があるかを調査できますから、プレイヤーは安心してオンラインカジノを楽しむことができるでしょう。

TST(Technical Systems Testing)の役割

オンラインカジノでは、インターネットのサイト上で運営されているカジノ場でネット接続環境とそれにアクセスできる端末が存在すれば、原則として各種ゲームのプレイが可能です。

しかし、オンラインによるプレイのデメリットは、自由な運営を行うことができる環境が存在すれば、それを活用して不正を行うオンラインカジノが登場することもあり、多くの方が被害に巻き込まれる恐れもあります。

そのため健全にオンラインカジノを運営されているかを、検査・監督を行っている第三者機関でお墨付きを受けることで、プレイヤーが安全にプレイを行うことが可能になります。

しかも運営者も第三者機関にお墨付きを受けることでユーザーが安心してプレイを行ってくれるため、収益を上げることが可能です。

TSTはオンラインカジノの検査・監督を行っている第三者機関で、1993年に設立され、ゲーミングRNG機関で最大手にも分類されています。

TSTの特徴は、他の団体を影響を受けない独立的な機関となる点でオンラインカジノのゲームのみならず、経営などの面でも厳正な審査を行っております。

つまりカジノゲームに伴う不正を一切、防止することを目的にしており、その審査に通過したオンラインカジノはTSTマークを取得することが可能です。

もともとアメリカの宝くじや本場のカジノ店の不正が行われていないかの審査を行っている機関なのですが、オンラインカジノの運営においても調査をする機関になっているのです。

まとめ

オンラインカジノは圧倒的なペイアウト率の高さだったり、インターネットさえ繋がる環境であれば24時間365日いつでも利用することが可能です。

ライセンス制度を設けていますし、第三者機関などをと入れているため安心して利用することが出来ます。

これからオンラインカジノを始めようと思っている人に向けて日本語化されていて、日本人スタッフが対応しているオンラインカジノの中でも特にボーナスが豊富なサイトを優良サイトを中心、サイトごとの特徴やオンライン決済サービスの利用方法など色々な角度からオンラインカジノを紹介していきたいと思います。

本場のカジノの興奮をぜひスマホやパソコンを通じて体験してみましょう。